So-net無料ブログ作成
検索選択

トーナメント戦は勝ったもんがエライ [ジュビロ雑感]

おはようございます。管理人のこうめいです。どうも。

・・・田中さんが捻挫で全治3週間だそうです。秀人も太腿痛で、ジンギュもアジア大会で離脱予定と、センターバック陣は相当きついことになっています。・・・今度こそ大井がチャンスを掴むんでしょうか。とりあえずここまでは、ことごとく自分のチャンスの芽を潰してきた彼ですが、同じ潰すなら対戦相手の好機を潰してもらいたいものです。(お、うまいこと言いました??)

さて、田中さんが怪我をし、大井が実際に相手の好機を潰して何とか勝った天皇杯。相変わらず初戦は大苦戦です。もう相手がどこであってもこのことだけはデフォルト仕様です。・・・とは言っても、トーナメント戦なので、勝てばとりあえずOKですが。内容に関してはもはや触れません。・・・隊長がPK2本とも決めたことは予想外でしたが。

リーグ戦もありつつも、今期最後の戴冠をかけての天皇杯。天皇杯で最後まで進むとロクでもないことが起こったここ近年ですが、それでもやっぱり勝ち進んで、鬱屈した今年1年の気分を少しは晴らしてもらいたいものです。

 

 2006天皇杯4回戦

 ジュビロ磐田(J1) 1-1 柏レイソル(J2)
           PK9-8
    得点者:磐田=前田
         柏=ドゥンビア


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。