So-net無料ブログ作成
検索選択

ターニングポイント [リーグ戦]

こんばんは。管理人のこうめいです。毎度どうも。

降格ラインギリギリの攻防を続ける我らがジュビロさん。こういう事をしていると何度も「ターニングポイント」ってやつが出てくるわけですが、今節はまさにそのポイント中のポイントになる一戦となりました。・・・突発的な事故も含め。

とにかくスタート時点で脩人がベンチにもいなかったことが、まず最大の分岐点。少なからぬ人が「とうとうヤンツー、始まったな・・・!」と思ったのに。なんと病気再発!!そりゃ あのプレーぶりで出場されるのは勘弁でも、人として、ジュビロの一サポとしては再びの病魔克服を願います。脩人⊃鶴

続いては岡田を中心とした激しいプレス。少々のミスも何のその、とにかく運動量だけはシーズンでも随一だったでしょう。京都の動きの質がだいぶイマイチだったことを差し引いても、あれは良かったと思います。・・・何故それがもっと早くからできないのかはあえて考えません(苦笑)特に岡田は秀逸の出来映え。つられて康裕もそこそこ動いていたので、本当に岡田はMOMにふさわしい活躍ぶりでした。 左サイドバックに入った金沢も、移籍後もっとも安定していたのではないでしょうか。少なくとも守備ではだいぶ慣れて、ベテランらしい落ち着きがありました。

そして川口負傷!!! 非道い音が鳴り響いたかと思えば、何と骨折です・・・。能活⊃鶴鶴鶴

GKは良くも悪くも能活固定でここまできて、結果は功罪相半ばというところですが、これで最終節までは強制的に八田以下控え組起用が確定しました。果たしてこのGK交代でどうなることやら・・・。ネ申セーブは期待できないけれど、その分DFラインに奮起してもらって今節のような守備がもっと長く続けられるかどうかが鍵でしょう。

脩人離脱による代役?の活躍、岡田を中心とした守備面の改善(今節は)、GKの交代、残り試合向けて結果を残すためにも、この変化を全て良い方向に持っていけるよう全員一丸で進めていただきたいものです。

・・・因みに大半の変化にヤンツーはほとんど関わっていません( ´Д`)

あとついでで恐縮だけど京都サンガの勇人も⊃鶴

 2009Jリーグディビジョン1 第26節

 ジュビロ磐田 3-10 京都サンガ
    得点者:磐田=グノさん、前田、西 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

NO NAME

はじめまして。北関東在住のジュビロサポです。
どうでもいいのですが
>ジュビロ磐田 3-1 京都サンガ
失点の記憶がないのですが……

ようやく改善の兆しが見えてきましたね。
関東で開催のアウェー試合しか観戦に行けないのですが、
ようやく生で勝ち試合を拝めそうな気がしてきました。
by NO NAME (2009-09-22 19:01) 

こうめい

コメントありがとうございます。
・・・あまりに失点だらけで、自動的に失点を入力してしまいました(苦笑)ご指摘ありがとうございます。

関東アウェー、ここまでは苦行の連続ですが今度こそは生勝ち試合を見てやってください!
by こうめい (2009-09-22 21:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。