So-net無料ブログ作成
検索選択

賽は投げられた [リーグ戦]

こんばんは。管理人のこうめいです。毎度どうも。

さて、懸案となっていた新監督がとうとう関塚氏に決定しました。この状況下で監督就任はなかなか苦行でしょうが、逆に言えば今どん底なので這い上がるだけということは、ある意味目標が明確で良いのかもしれません。

恐らく、様々なシチュエーションを想定しながらある程度の中長期的な展望を持って監督就任を要請したのだろうと思われますので、こちらももう腹をくくって応援し続けるしかありません。・・・でも補強はしてください。

そんなどん底状態での一戦はホームで川崎戦。中断前最後のリーグ戦ホーム開催なので、何とか浮上のきっかけを目指したいところでしたが、結果は4失点して惨敗・・・。さすがに開始早々に2失点ではどうしようもありません。

4失点目は藤田のクリアミスで直前までの反撃ムードが一気に萎み、試合後には藤田が号泣。気持ちはわかりますが、こっちも泣きたいです・・・。

とは言え4失点目はミスでも、他の失点は相手に出足で負け、得点も19本シュートを打った割に結局縦パス1本とセットプレーだけと良いところがありません。とにかくボランチがもっさりしすぎでボールの動きが遅い。サイドチェンジもままならず、同サイドでも前にパスが供給できません。周りの動きの質やタイミングにも問題あるのでしょうが、ひたすらバックパスを繰り返すだけようではなかなか信じて動けませんよねえ・・・。

関塚新監督にはチーム全体の精神的な立て直しとともに、ボランチの人選再考も手をつけていただきたいものです。

ともあれ、チームは初の外部招聘日本人監督を迎え、遅まきながら反攻の一歩を踏み出しました。後はもう、開き直って突き進んでいくしかありません。・・・もうしばらく往生際悪くいきますよ!

 

2013年 Jリーグディビジョン1 第12節

ジュビロ磐田 2-4 川崎フロンターレ
得点者:磐田=前田さん、ビョングク
      川崎=小林、レナト、ジェシ、矢島


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。