So-net無料ブログ作成
検索選択

特に7番さん、貴方のことですよ。頑張ってくださいよ・・・ [リーグ戦]

こんばんは。管理人のこうめいです。毎度どうも。

暑いですねえ・・・。国内では40.7度を記録した所もあるそうで、これはきついです。本来なら例年、これまた暑苦しいところへ行っている身ですが、今年は諸般の事情により不参加に。・・・冬は行く気満々です。

さて、諸般の事情をこなしつつアウェイ・広島戦です。

ホーム連敗の状況では苦手なアウェイ戦でも勝ちを狙わなくてはならない、降格圏の辛さ。相手が首位だろうが得点王がいようが関係なく全力で向かっていかなくてはなりません。

大黒柱の前田さんと能活を外して臨んだ一戦は、最初こそ向かう姿勢が今一でしたが、徐々に一進一退の攻防に。・・・ここ何戦か常に見ている絵面です。

すると、これまたここ何戦か見ている中盤のミス→カウンター→守備陣バタつく→あっさり失点のゴールデンパターン。サイド崩されなかっただけマシとか、最早自虐でもしてないとやってられません。

それでも、後半は盛り返すと(ここら辺も最近よく見ます。数少ない改善点・・・?)、とうとう金園のゴールで同点に。いつ出ても何とか1点だけは取る金園はFWの鏡です。

ところがその金園は何故か2点以上取りません。取れません。FW失格ですな。(テノヒラクルー)後半投入された前田さんはシュート打たない病、ザキ山はドリブルあっさり止められる病とそれぞれ深刻な症状を発病、FW陣がことごとく点取れない状態に。

当然貧弱な守備陣が持つはずもなく、これまたカウンターから素晴らしいミドルを決められて万事休す。とうとう3連敗です。

まあDFもFWもそれぞれ問題はあったと思いますが、やはりボランチは特にヤバいですね。こと攻撃においてはサイドチェンジもできず、効果的な縦パスも出せず、ゴール前に積極的に侵入してくるでもなく、どうなってるんでしょうかね。かといって守備面で絶大な貢献をしているかも少々疑問なところもありますし・・・。

チームの中心部分を担うボランチは大変でしょう。でも、だからこそ期待もするし、やってもらわないといけないと思います。カルリーニョスも加入したので今後多少組み合わせに変化も出るでしょうが、 もっとこう、危機感を前面に押し出してもらいたいです。「まだ」じゃなくて、「もう」残り14試合「しか」ないんですよ!!

 

2013年 Jリーグディビジョン1 第20節

サンフレッチェ広島 2-1 ジュビロ磐田
      得点者:広島=佐藤、ファン・ソッコ
           磐田=金園 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。